NEW ARRIVAL "GREI" AW17
11/16/2017

NEW ARRIVAL "GREI" AW17


こんばんは。田中です。

じわじわとファンを集めてきているNY発のブランド「GREI」

遅くなりましたが、本日はその新作をご紹介したいと思います。

先ずは今季のルックをどうぞ。











【GREI(グレイ)】
2011年にスタートしたニューヨークのブランド。
アンドリュー・スパルゴーとラリー・ポールの2人がデザイナーを務め、手作業によるインディゴ染めなどを得意とし、機械による大量生産ではなく職人による手作業でのプロセスを大切にモノ作りを行う。
ブランドの名前にもなっているグレー(灰色)というその色自体の曖昧さは力重く暗い雰囲気から、柔らかさ、また洗練されたものと幅広い雰囲気を表現することを可能にしている。
また、灰色というパレットをもとに作るブルーとグレーをベースにした彼らの作品はユニークで、彼らの手染めの技術は多くの感度の高い顧客がリピーターとなっている。



早速ですが、入荷アイテムをご覧ください。

まずはアウターから。



HOODED DOLMAN PARKA / 85,000YEN (EX-TAX)



今期のメインアウターとしてピックしたこちらのフーデットパーカーは、

ドルマンスリーブという、トルコの民族衣装の外衣であるドルマンから着想を得た袖付けを採用。

ゆったりとしているが故に動きやすさと快適さが売りのドルマンスリーブですが、特有のゆるやかなシルエットは主にレディースのファッション界で支持されている印象です。

90年代にはイッセイミヤケからオーバーサイズ×ドルマンスリーブのステンカラーコートがコレクションで発表され、それ以降ファッショナブルなディテールのひとつとして認知されるようになりました。

話が逸れましたが、男性服にあまり見られないドルマンスリーブと思いきや、着用すると意外とすんなりハマります。









比翼の前立て。閉じて着用することで、独特なシルエットが生まれモードなスタイルに。

また、前立てを閉じずに開けて着用するとカジュアルさが増し、レイヤリングの活きるスタイルに。


生地は裏地の付かない粗目のコットン100%のファブリック。

中にいくらでも着込めることを考慮すると、3シーズン対応の汎用性と言えるでしょう◎

合わせるボトムスはメンズライクにワイドスラックスなどがオススメです。



DROP CROP "HERMAN" PANT / 49,000YEN (EX-TAX)





"DROP CROP" と名前の通り、股上の深さが特徴のハーマンパンツ。

ありそうでないクロップド丈ほどのハンパ丈にストレッチ性のあるファブリックの組み合わせは、文字通りリラックススタイルの真髄とも言える巧妙な仕上がりです。

ウールライクなポリエステル地のファブリックに、程よく弾性のある素材をブレンドさせた生地を使用していて、洗練されたスタイルと快適性がシームレスに組み合わさった極上の生地。と言っても過言ではないでしょう。

カジュアルさながら、タックインスタイルやドレスシューズとも相性が良く。

カジュアル・ドレス・スポーツ・モードと幅広いエッセンスをお楽しみいただける逸品ではないかと、密かに名作の予感漂うアイテムだと思っています。



COAT / GREI
JACKET / ZED
SHIRT / S.K MANOR HILL
PANT / GREI
SHOES / PARABOOT



フーデットパーカー、ハーマンパンツを着用。



HERPA CHANNEL POCKET CREW / 49,000YEN (EX-TAX)







インパクト大。

スウェットシャツの機能性と快適性をさらに向上させるべく製作されたこちら。

内側にはポリエステル素材のボアが一面に貼られているので、暖かいことこの上なし。

困ったことに、半袖ということで下にスリーブのあるシャツなりの着用が必須となりますが、

ルックのように漢気のある着方もカッコいいですね。(寒いけど)

身幅・アームホールともにゆとりのあるリラックスしたフィッティングなので、

シャツなりライトオンスのスウェットなり、いろいろ重ねられます。

しかしウールは要注意。毛玉だらけになります。


この見た目と、じわじわと発揮される保温性が相まって、まさに「お布団」。ボックスのフロントポケットのデザインもチャーミングでポイント高めです。


なお、同生地のポンチョも入荷していたのですが、ご紹介前に完売となりました。



PAMEL ROBE / 50,000YEN (EX-TAX)





GREI的ベストセラー・定番のローブですが、ようやくと言っていいのか、スリーブがフルレングスにマイナーチェンジされリリースされました。

以前まではシーズン問わず5分丈ほどの袖付けでしたから、格段と着やすさが向上◎

ボタンも備え付けられたことでスタイリングの幅が広がった今作です。

生地にはポリエステル素材を採用。往年のデニム素材と比べて艶っぽい仕上がりです。

ライトアウターとしての役割を果たすや否や、コートのインナーとしても着用いただけるので、今季のアイテムの中ではもっとも汎用性の高い逸品だと思います。

スタイリングに+1点のイメージでお試しされてみてはいかがでしょうか。間違いないと思いますよ。



JACKET / GREI
TOPS / GREI
PANT / SUNNEI
SHOES / YVES SALOMON


お布団、パネルローブを着用。



4 POCKET SHIRT PONCHO / 47,000YEN (EX-TAX)







最後にご紹介するのは個人的に推しのアイテム。

M65フィールドジャケットを模したかのように見える4ポケット型のシャツをベースに、ポンチョとして仕立てられたこちらの逸品。

かなりたっぷり目に取られた身幅にドロップショルダーのデザインは、大抵の洋服ならば上から羽織ってしまえる絶妙なサイジングとなっています。

「シャツ」の概念はいったん忘れ、パーカーやニットの上にレイヤードしてみて下さい。

ポンチョ自体あまり馴染のない方が多いと思いますが、ご提案したようにパーカー等の上から羽織るとカジュアルさが引き立ち、思っている以上にラフに着ていただけるのでオススメです。

最近は同素材(コットン)のコートであれば上から着れるんじゃないかと思ってますが、未だ踏ん切りがつかず。



入荷アイテムは以上となります。

写真だけではお伝えできない良さがそれぞれのアイテムにあるので、

是非 店頭でお試ししてみて下さい。

皆さまのご来店をお待ちしております。

ONLINE STORE に掲載してます。


MAIDENS SHOP  田中



【BDU MARKET SUPPORTED BY BERBERJIN AT MAIDENS SHOP】
期間:17年11月23日(木)~(日)
場所:MAIDENS SHOP 東京都渋谷区神宮前2-19-12 JUNE HOUSE 1F
時間:12:00~20:00
MAIDEN COMPANY Ltd. Powered by Blogger.